AKB48卒業後、高橋みなみのソロ活動を支える“噂の彼”の存在
1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/03/30(水) 16:14:42.37 ID:CAP_USER*.net
AKB48を支え続けた高橋みなみ(24)の卒業コンサート『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmの見た夢”』が3月27日、横浜スタジアムで行われた。

メンバー、一人ひとりが「たかみな」「たかみなさん」と呼ぶ映像からスタート。メインセットの 一部が開くと高橋が登場し、
その後ろから「たかみな」と聞き慣れた声とともに、不動の元祖センター前田敦子(24)が現れ、2万8000人が歓喜した。
前田と『思い出のほとんど』をデュエットし、高橋は冒頭から号泣。前田ももらい泣きし、歌い終えた2人はステージで抱き合いながら涙した。

続いて、大島優子(27)が花道の向こうから登場。大島と高橋のWセンターで「ヘビーローテーション」をパフォーマンス。
OGの板野友美(24)、篠田麻里子(30)、現役メンバーも加わり、豪華オールスターキャストで高橋の晴れの舞台を盛り上げた。

2014年12月、AKB48劇場9周年記念公演で「私、高橋みなみは2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」と宣言してから、早1年3ヶ月。
じっくりとAKB48グループのリーダー職を引き継いできた。
テレビ番組で「卒業できない理由は後継者が見つからないこと」と語ったこともあったが、卒業発表時には後継者として横山由依(23)を指名。
「周りが支えようと思ってくれる総監督」として、新たなグループの形を予期させている。

■公私ともに支えになる“彼”の存在

高橋の卒業について、プロデュサーの秋元康氏もコメントを発表している。

「たかみな、卒業おめでとう。よく頑張ったね。僕が総監督という重荷を背負わせてしまったから、みんなのため、AKB48のために生きた10年間だったと思う」

「卒業したら恋愛も解禁だ。一人の女性として恋をして、結婚をして、年齢を重ねて、すてきな大人になってほしい」

秋元氏は、10年に発売された高橋のフォトブックの帯に「AKB48とは、高橋みなみのことである」という言葉を寄せた。
自身の夢の実現のために、不器用ながら無我夢中に武骨に頑張る高橋の生き方自体が、AKB48のコンセプトだったのだ。

AKB48は、10年というの第一章の幕を閉じ、今後は横山率いる第二章をスタートさせる。
と同時に、高橋みなみの新たな芸能生活が始まるのだが、彼女はどのような道を辿るのか。関係者は語る。

「いばらの道になるでしょうが、他の卒業メンバーとは異なり、彼女にはAKB以外の強力な仲間がたくさんいます。
その中の一人が、高橋の卒業公演初日のあとにすぐに『新たな人生のスタートおめでとう』とツイッターでコメントを発表した歌手のT.M.Revolutionの西川貴教(45)です。
フジテレビ系の音楽バラエティー番組「新堂本兄弟」での共演を機に仲良くなり、幅広く活躍する西川が公私ともに高橋を支える可能性は大。
芸能界でも信頼の熱い西川さんだけに、高橋の強力なバックアップになることは間違いありません」

両者はたびたび2ショット写真を公開するなど、その仲の良さから何度か恋仲を噂されるほど。そのたびに互いは否定しているものの、
秋元氏のコメントにもあるように、アイドル卒業とともに二人が恋仲に発展していくこともあるのではと見る関係者も少なくない。
ファンも両者に対しては好意的なことから、一気に発展することもありうるという。

卒業スピーチで高橋は、『わたくし高橋みなみは、この先、努力は必ず報われると必ず証明します』と宣言している。
念願のソロとして活動していく高橋が、今後どのような道を辿るのか、恋の行方とともに注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1109072/
2016.03.30 11:03 デイリーニュースオンライン

【AKB48卒業後、高橋みなみのソロ活動を支える“噂の彼”の存在】の続きを読む